私たち膳所高校美術班の活動のようすや、毎日のちょっとしたできごと、班員の作品などをおとどけします。 


by zeze-bijutsu-hann
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2018年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

8月23日に第3回目のジャンプアッププロジェクトに参加しました!
d0118360_20540262.jpg
MIHO MUSEUM では、学芸員さん達の普段は見ることができない裏方での仕事を教えてもらいました。作品の形にあう固定するための金具を一つずつつくり、作品の魅力がより伝わるよう展示方法を工夫していることを知りました。
d0118360_20541238.jpg
d0118360_20542520.jpg
d0118360_20544304.jpg

また、滋賀県立陶芸の森も訪れました。ここでは様々なアーティストの方がその場所に滞在して作品の制作を行うそうです。陶芸はお皿やお茶碗のイメージが強かったのですが、陶芸の森には大きな立体作品がいろいろあり焼き物でこんなものも作ることができるのかと驚きました。
d0118360_20550028.jpg
d0118360_20553792.jpg
d0118360_20552446.jpg
d0118360_20551080.jpg
台風の影響で2時間ほど短縮されてしまったのですが、多様な作品を見ることができ、充実した1日となりました。
1年Y
[PR]
by zeze-bijutsu-hann | 2018-09-11 21:24 | 活動紹介 | Comments(0)
8月11日に長野県上田市で開かれた
全国高等学校総合文化祭信州大会(2018信州総文)美術・工芸部門に
3年生の鶴来香穂さんが参加しました。
d0118360_19502678.jpg
(鶴来さんは昨年度の宮城大会に続き、2年連続の出場です)
d0118360_19503810.jpg
出品作品は、50号スクエアサイズで、
題名「神聖不可侵」。
水性ペンと墨で描かれています。
d0118360_23162595.jpg
ヤノベケンジ氏の記念講演会と作品講評、
数人のグループでそれぞれの作品を巡る交流会がありました。
d0118360_23160907.jpg
d0118360_23164688.jpg
d0118360_23195354.jpg
d0118360_23203438.jpg
d0118360_23210527.jpg
あっという間の一日でした。
全国からの出品作品はそれぞれが完成度が高く密度がありました。




《参加生徒感想》


1枚のカード」

               膳所高校 3年 鶴来 香穂


今回の総文祭では、気になった作品の作者に対し感想を送ることができるメッセージカードが用意されていました。私がもらった感想の中で、ひとつとても印象に残るものがありました。そこには、「社会的に言ってはいけないとされるようなざわざわする自分の内心があったが、そんな心が少し慰められた。ありがとう」という旨の文章が綴られていました。私の作品は人間の心の奥底に潜む悪の衝動を描いたものでしたが、もちろん絵の側にそんな解説文はありませんでした。名も知らぬ誰かが私の絵を理解して感謝してくださっていることに私はとても驚き、嬉しくも感じました。

自分のために描いた作品が誰かの心の支えになったり、普段繋がりを持てないような遠方の地に住む高校生と美術のことについて話し合ったりと、全国総文祭は美術の無限の可能性を実感させてくれるものでした。

今回の経験によって、私は美術作品を作る意味を改めて考えました。独りよがりなものではなく、誰かの心に寄り添ったり、感動を与えたり、ものの考え方を変えるきっかけになるような作品を作っていきたいです。








[PR]
by zeze-bijutsu-hann | 2018-09-08 23:22 | Comments(0)