私たち膳所高校美術班の活動のようすや、毎日のちょっとしたできごと、班員の作品などをおとどけします。 


by zeze-bijutsu-hann
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2017年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2月12日に、栗東芸術文化会館さきらで、締めくくりとなる第7回ジャンプアッププロジェクトが行われました。
最初の活動では、各々これまでのプロジェクトを通して考えた「芸術の役割と可能性」と「自分がアートだと思う瞬間」についてをその瞬間を写した写真を用いてスピーチを行いました。私とは違う視点での考えを聞き、自分と他人の価値観の相違に気づき、大変勉強になりました。
その後、班に別れて「美術の役割と可能性 できること∞のぞむこと 」をテーマにディスカッションを行い、そのまとめを発表し合いました。その発表の中で印象に残った言葉は「運動は体の健康、芸術は心の健康」「芸術って難しいっていう固定観念が形成される前に、芸術はもっと自由な形で触れ合えるものだと知る機会が必要である。」です。私達は幼稚園や保育園のときから図画工作で作品を作るということは学びますが、作品に触れることをあまり学んでこなかったように思うのでこの意見に納得しました。
最後の活動では、なんと先日美術班で見に行った「アドルフ・ヴェルフリ展」の監修をしていらっしゃる服部正先生(甲南大学 文学部 准教授)に来ていただき、講話を拝聴しました。その講話でアドルフ・ヴェルフリの生涯、作品とその背景,アール・ブリュットの定義,現代社会とアートについてを知りました。
「芸術の役割と可能性」というテーマのジャンプアッププロジェクトで、普通なら聞けないであろう講師の方の講話、他校の方々との交流を通して、「芸術と役割の可能性」についての考えは人それぞれにあると思いました。また、私も自身の考えが掴めた様に感じました。私の考えは、「芸術の役割とは『人の心を動かし、感動を伝え人と話し合うことで人との繋がりを生んだりすること』で、芸術の可能性とは『“生きる”ということを考えさせ、人間をあらゆる面で成長させる事』」です。
1年M

by zeze-bijutsu-hann | 2017-02-20 09:02 | Comments(0)

美術展鑑賞会in神戸‼︎


2月4日土曜日、私達は兵庫県へ行ってきました!
まず、午前中は兵庫県立美術館へ行きました。突然ですが、みなさんはアドルフ・ヴェルフリという芸術家をご存知でしょうか?彼はスイスの貧しい家庭に生まれ、1895年にヴァルダウ精神病院に収容されてそこで66年の生涯を終えます。しかし、その病院生活の中、空想的自伝「ゆりかごから墓場まで」といったような物語の数々をえがきました。驚くべきはそのページ数で、全45巻、25000ページにも及びます。そして今回、私達がみてきたものこそ、その彼の作品を集めた「アドルフ・ヴェルフリ  二萬五千頁の王国」です。
展覧会では、その奇妙で興味深く、またおどろおどろしくもあるような彼の作品の数々に圧倒されるばかりでした。私が今までに出会ったことのない世界だったように思います。
また、ヴェルフリの持つある意の「狂気」が生み出したのがアール・ブリュットと呼ばれるもの。ただ単なる障害者アートではないのです。展覧会での鑑賞はそれを強く感じさせられた時間でした。
「アドルフ・ヴェルフリ  二萬五千頁の王国」は2月26日まで開催されています。
そして、午後には王子動物園へ行きました。最近は動物園というものに行っていなかったこともあり、とても楽しかったです。私はフクロウに興奮していましたね……。じっくりと動物達を観察できるいい機会でした。
また、このような鑑賞会へ出かけられるといいなと感じています。楽しい1日でした!

2年M






by zeze-bijutsu-hann | 2017-02-20 08:56 | Comments(0)

6回ジャンプアッププロジェクトは12月18日(日)に、滋賀県立近代美術館で行われました。午前中は、講義とグループ鑑賞活動をしました。講義をしてくださったのは、京都造形芸術大学の伊達隆洋先生です。伊達先生は、美術作品を通したコミュニケーションについてお話ししてくださいました。美術作品には、その作者の何らかの意思が込められており、それは数秒作品を見ただけでは読み取れません。作者の考えを完璧に理解しなくてもいいので、作品を見て、自分の考えを持つこと。さらにそれを他の人と共有することで、自分の考えはより確固たるものとなります。また、他の人の意見を聞くことで、新しい解釈の仕方も見出すことができます。人が意思を持って作品を見ることで、作品の価値が生まれることに繋がるので、作品を通したコミュニケーションは重要だということを教えてくださいました。

d0118360_22501282.jpg

その後の活動は、講義で学んだことを活かして、話し合う作品を一つ決めてグループで鑑賞し、自由に意見を交換しました。私はこの活動を通して、答えの無い事柄について自分の意見を言うということは、言葉にしなければ心の中で曖昧になっていた自分の意見にしっかりとした輪郭を与える作業でもあるのだと感じました。

d0118360_22503508.jpg
d0118360_22505170.jpg

午後からは、2017年から2020年まで大規模な整備工事が行われ、リニューアルする滋賀県立近代美術館について職員の方や学芸員の方にお話をして頂きました。その一環で美術館のバックヤードを見学させてもらい、その後に「わたしたちが望む、これからの美術館とは」というテーマでグループでディスカッションしました。改装後の美術館には、こんな施設や展示をしてほしい、もっと人々が来たいと思える美術館にするにはなど、様々な意見が飛び交いました。

d0118360_22511738.jpg
d0118360_22513305.jpg

改装工事を目前に控える中で、このような形で美術館の未来を決める方々とお話ができて、尚且つわたしたち高校生からの視点で出した意見を聞いていただける機会があったというのは、本当に運が良かったと思います。新しく生まれ変わる美術館に思いを馳せつつ、芸術の更なる浸透のため、わたしたちにできることを考えていこうと思いました。


by zeze-bijutsu-hann | 2017-02-18 22:54 | 活動紹介 | Comments(0)

「第5回ジャンプアッププロジェクト」

5回ジャンブアッププロジェクトが116日に成安造形大学で行われました。
テーマは「アナログとデジタルの表現を知り、その役割と可能性について考える」です。
まず午前に、成安造形大学の准教授、岸田保先生の講義を受けました。そこで、アナログとデジタル画材で比較しながら、画材の歴史や、時代の関係を学びました。アナログにはリアルな大きさがあるという良さがあり、デジタルには複製できるという良さがあることに、なるほどと思いました。
昼食をはさみ、パソコンを使ってデジタルペイントの体験をしました。ペイントソフトを使って実際にデジタル絵を描いてみると、デジタルではやり直しができて、とても便利でした。
最後に、班に分かれてデジタル技法の可能性を考えました。ノートを共有機能付きでデジタル化する、現実にある風景に何かをデジタルで合成する、など面白い意見が出ましたが、思い付いたもののほとんどが既に実践されていて、社会でデジタルは注目されているのだと感じました。
今回、アナログとデジタルの表現、歴史を実践も交えながら学ぶ事ができました。普段の活動では、実物を使う事の多い美術班にとって、デジタルの学習は新鮮で面白かったです。


1N


by zeze-bijutsu-hann | 2017-02-02 22:53 | Comments(0)