私たち膳所高校美術班の活動のようすや、毎日のちょっとしたできごと、班員の作品などをおとどけします。 


by zeze-bijutsu-hann
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

第5回ジャンプアッププロジェクト

「第5回ジャンプアッププロジェクト」

5回ジャンブアッププロジェクトが116日に成安造形大学で行われました。
テーマは「アナログとデジタルの表現を知り、その役割と可能性について考える」です。
まず午前に、成安造形大学の准教授、岸田保先生の講義を受けました。そこで、アナログとデジタル画材で比較しながら、画材の歴史や、時代の関係を学びました。アナログにはリアルな大きさがあるという良さがあり、デジタルには複製できるという良さがあることに、なるほどと思いました。
昼食をはさみ、パソコンを使ってデジタルペイントの体験をしました。ペイントソフトを使って実際にデジタル絵を描いてみると、デジタルではやり直しができて、とても便利でした。
最後に、班に分かれてデジタル技法の可能性を考えました。ノートを共有機能付きでデジタル化する、現実にある風景に何かをデジタルで合成する、など面白い意見が出ましたが、思い付いたもののほとんどが既に実践されていて、社会でデジタルは注目されているのだと感じました。
今回、アナログとデジタルの表現、歴史を実践も交えながら学ぶ事ができました。普段の活動では、実物を使う事の多い美術班にとって、デジタルの学習は新鮮で面白かったです。


1N


[PR]
by zeze-bijutsu-hann | 2017-02-02 22:53 | Comments(0)