私たち膳所高校美術班の活動のようすや、毎日のちょっとしたできごと、班員の作品などをおとどけします。 


by zeze-bijutsu-hann
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

尾道合宿に行ってきました!②

《班員の尾道合宿感i想Ⅰです》

d0118360_11345629.jpg

2年N
合宿お疲れさまでした。幸か不幸か、全日とも日本晴れでしたが、暑さの中なんとか無事に合宿を終えることができました。2年生にとっては、これが最後の尾道合宿で、自己評価として少し悔いの残る合宿となったのが残念です。親が出してくれた合宿の費用3万円。合宿で描いた絵は本当にそれ以上の価値のあるものとなったか、そう考えると少し後ろめたい気持ちになります。この合宿を価値のあったものとするため、この合宿の経験、課題を次の高文祭の作品に反映させなければ親が報われません。これからが勝負だと思います。

d0118360_1139961.jpg

2年O
今年一緒に合宿に行ったのは守山高校さんだったので(膳所高校は木炭画ですが)アクリル画の描き方も学べて面白かったです。
今年は去年よりも行動範囲が広がり、絵を描く場所も人が多いところでしたので、尾道の人との交流が増えました。
滋賀県では、知らない人に声をかけられるとつい身構えてしまいますが、尾道では、挨拶されるのが、当たり前という雰囲気でした。
現地の人でなくてもほっこりできるのが暖かいなぁと感じました。
もう合宿で尾道に来ることはないですが、個人的にももう一度行きたい場所だと思います。

d0118360_11404888.jpg

2年M
二回目の尾道では、一年生のときに課題であった「建物を建物に見えるように描く」ということを意識して路地裏を描きました。おかしな点はありましたが、一年生のときより全体的に成長したように感じられたことが良かったと思います。また、合宿を一緒におこなった守山高校はアクリルで絵を描いていましたが、興味深く、描き方は異なっていても刺激をもらえたことが良かったです。守山高校だけでなく、後輩の頑張りや二年生同士のアドバイスもとても刺激になりました。今回の尾道合宿は明暗などの課題を見つけるこよができ、守山高校の方と交流を深め、普段ではできないものを得ることができました。楽しく、真剣にできて、充実した合宿だったと思います。


d0118360_11314051.jpg

1年G
尾道は古い街並がとてもきれいで、見ているのも楽しく、スケッチをするのも楽しかった。また、尾道の方々は、とてもフレンドリーで、たくさん話しかけてくださり、嬉しかった。スケッチをしているときに差し入れをしてくださる方もいらっしゃったり、尾道の方々の優しさに感動しました。合評会では、他の人たちの作品を見ることができ、とてもおもしろかったです。参考となる所も多く、これから絵をかくときに生かしていきたいです。自分の作品についても、先生方から多くのアドバイスをもらい、今の自分ができないこと、苦手とすることが見えてきたので、それを直していけるように、今後努力していこうと思います。今回の合宿が有意義なものになったのは、家族や先生、先輩方、1年生の美術班、尾道の方々、旅館の方々など、多くの人たちの支えがあったからなので、とても感謝しています。



d0118360_1136246.jpg
1年S
「来てよかった。」これに尽きます。まず、尾道という町に感動しました。にぎやかで、それでいてあたたかみがある、都会とも田舎とも違う、私の知らない雰囲気が漂っていました。お好み焼きがおいしかったです。来年は絶対尾道ラーメンを食べます。町の人達は想像以上に優しかったです。私はあんなに他人に思いやりを持って接したことはありませんでした。絵は建物、植物を描いたので、もう1つ海も描きたかったです。絶対に難しいですが、尾道での日々を過ごすうちに、もっと色々なものを描きたいという想いがつのっていきました。そしてただ描くだけでなく、もっと色々なことを考えて絵に臨まなければならないと思い知らされました。意識の面や技術の面など、今の100倍くらい努力しなければいけないな…と。
[PR]
by zeze-bijutsu-hann | 2012-08-01 11:32 | 活動紹介 | Comments(0)