私たち膳所高校美術班の活動のようすや、毎日のちょっとしたできごと、班員の作品などをおとどけします。 


by zeze-bijutsu-hann
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

新聞作成

今年、私たちは部活動の一環として、文化プログラムプレスセンターの活動を行いました。この活動は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向け地域について地元の中高生中心に取材し、新聞・ルポにして発信するものです。私たち膳所美術班は滋賀県近江八幡市にあるボーダレス・アートミュージアム NO - MA を取材しました。NO - MA訪問後、私たちは取材会でのお話しをもとに新聞作成をしました。美術部としての視点、着目を大切にし、他では作れない新聞を目指しました。まず新聞の全体の構成を考えましたが、これが意外に難しく、結局最後まで私たちを悩ませるものとなりました。しかし、考えていくなかで文の流れというものがとても新聞の完成度に関わってくることに気づきました。少し内容の順番を変えるだけで、読みにくくなったり、伝えたいことや結論が変化します。出来るだけ良いものになるよう、部員で何度も話し合いました。

内容については、構成を考えていく中でで多少変わったものの、
1.全体概要
2.自分たちで取材して分かったこと
3.展覧会で自分たちが感じたことと、そこから推測できる辻智彦さん(今回の展覧会のキュレーター)の意図
4.パンフレットから読み取れる辻智彦さんの狙い
5.全体の流れを通して、アール・ブリュットやNO -MA の歴史を加味した上で自分たちがどう考えるか。またこの展覧会に「ここをこうしたらもっと良くなるかも」という提案 
に分けて考えました。
特に4では、取材に行ったメンバーで話し合い、深めた上でそれぞれの考えを記事にしました。そして5について、私たちは今まででもジャンプアッププロジェクトなどでアール・ブリュットについて学んできました。そこについてはこの部活、普通より少しは詳しいと自負があります。他とは違う記事になったでしょう。
この新聞作成で、論理的な文の流れ、内容を簡潔に読み手に伝えることが大切であることを知りました。また、自分の気持ちを文章にすることで改めて気づくものがあることもわかりました。この経験を今後の活動に役立てていきたいです。

d0118360_22532421.png
d0118360_22533402.png
d0118360_22534413.png




[PR]
# by zeze-bijutsu-hann | 2018-04-01 22:01 | Comments(0)

3月17日、私たちは文化プログラムプレスセンターの活動の一環として、ボーダレスアートミュージアムNO -MA(近江八幡市)で開催された、アールブリュット・動く壁画展を取材させていただきました。NO -MAでは障がいのある方々の作品製作に重点を置くとともに、一般のアーティストの作品とともに並列し、「普遍的な表現の力」を見るものに感じさせる」という取り組みがなされています。「アールブリュット」とは、「加工されていない生のままの芸術」を意味し、芸術の専門家でない方々が自分たちの思うがままに表現した芸術のことを指します。この展覧会では、そういった方々が描かれた作品をプロジェクターを通してスクリーンで壁画として見るというものでした。展示空間は洞窟をイメージしており、暗い部屋の中にスクリーンめ映し出された映像が光となって揺らめくというもので、通常の作品展示とはかけ離れた展示方法に私たちは驚きを隠せませんでした。私たちはNO -MA職員の方々や一般の参加者方々に取材し、「アールブリュット」の歴史や効果について深く追求しました。この展覧会を通して、私たちの「美」に対する認識は大きく変化しました。短い時間でしたが、多くのことを学ぶことができ、とても貴重な時間を過ごすことができました。
d0118360_22551284.jpg
d0118360_22553308.jpg
京都新新聞さんの記事
d0118360_22562991.jpg



[PR]
# by zeze-bijutsu-hann | 2018-03-29 11:41 | Comments(0)

紡ぎ展

3月24日、25日の2日間にわたって、膳所高校美術班単独の展覧会である「紡ぎ展」を開催しました。
事前に送っていたダイレクトメールを見て来てくださった方はもちろん、偶然、会場である旧大津公会堂にいらしていた方にもたくさんご来場いただき、一期一会という言葉を実感させられた2日間でした。
この「紡ぎ展」の特徴は、作者と来てくださった方との距離が近く、交流しやすいということです。自分の作品についての解説から始まり、世間話や学校のことなど、さまざまな話題についてお話しすることができました。特に1日目は、膳所高校が甲子園での春の高校野球に出場していたということもあり、多くの方に応援の声をかけていただきました。
自分から声をかけに行く、という行為は勇気がいるものでしたが、「解説してくれたから、よくわかった」というお言葉をいただけることもあり、やった甲斐があったと感じます。
昨年から1日縮まって、2日間での開催だったのにもかかわらず、多くの方に来ていただきました。高校生の方、先生方、中学生や大学生、班員の家族、地域の方々など、さまざまな立場の方と会話できるのはこの展覧会ならではだと思います。この貴重な時間を、来年にもしっかり受け継いでいきたいです。

1年 h
d0118360_23005400.jpg
d0118360_23003372.jpg
d0118360_23011646.jpg
d0118360_06281392.jpg
d0118360_23021335.jpg
d0118360_23015096.jpg

[PR]
# by zeze-bijutsu-hann | 2018-03-28 09:56 | Comments(0)
膳所高校美術班の展覧会『紡ぎ展』を下記の通り開催します。
膳所高校美術班で単独で開く2年目の展覧会です。
お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄り下さい。

会期:3月24日(土)9:00~17:00
   3月25日(日)9:00~14:00
場所:旧大津市公会堂
入場無料
d0118360_22521800.png


d0118360_22523780.png

[PR]
# by zeze-bijutsu-hann | 2018-03-19 22:53 | Comments(0)


2月3日、ジャンプアッププロジェクト最終回となる第7回セミナーが、大津市にある旧大津公会堂で行われました。
最初の活動は、生徒全員がこの1年ジャンプアッププロジェクトを通して考えたことを、自分がアートだと思う瞬間の写真と共に発表しました。全員が同じ講義を受けていても、それぞれが考える芸術の役割と可能性は全く異なり、それぞれがジャンプアッププロジェクトを通して自分なりの考え方を1年を通して確立させていったことを感じました。
その後NOTA&designの加藤駿介さんに「アート/デザインの力」という題で講話をして頂きました。講話の中で、アートは人間が作り出したものを多くの人が「良いな」と思える形にする為に導く立場にあるというお話が印象に残りました。
最後に、生徒がいくつかの班に分かれて「文化芸術の役割と可能性」について自分たちの考えをまとめて発表しました。その中で、どの物体をアートとして考えるかは人次第であるから、アートが持つ役割と可能性は人の考えと同じ数ありそれをひとつに決めることはできないという考えがあり、とても納得させられ
ました。
1年間このジャンプアッププロジェクトを通して、芸術に関わる方々のお話を聞き、あらゆるジャンルの芸術に触れて、それに対する自分の考えを仲間と話し合うことによって、今まで曖昧だった芸術に対する自分の考えをしっかりと持つことが出来ました。様々な解釈が可能な芸術だからこそ、その役割は無限大。芸術について考えた今、私たちの目の前にも無限大の可能性が広がっていると感じることが出来ました。

2年T

[PR]
# by zeze-bijutsu-hann | 2018-02-23 01:00 | Comments(0)